詐欺師は話のテンポを変え主導権を握り思考を誘導する
先ずは早口で語り、あいづちを打たせない!

詐欺師から電話がかかってくる

スポンサードリンク   

7月末の蒸し暑い夜、部屋の電話が鳴りました。

「はい、もしもし」
「市川さんのおたくでしようか?」
「はい」
「夜分遅くに申し訳ありません。私はY社の山本と申します。弊社は在宅ワークを斡旋しているのですが、市川さんにご紹介したいお話があってお電話させていただきました。少しだけ、お時間をいただけないでしようか?」

わざわざ「仕事の紹介がある」といって電話をかけてくること自体怪しいのですが、一応聞いてみることにしました。

「はい。少しでしたら、大丈夫ですよ」
「ありがとうございます。今回、市川さんにご紹介したいのは、弊社の画期的な在宅ワークのシステムです。簡単に説明しますと、こちらからアンケートを市川さんに送りますので、ご自宅のパソコンかスマホでそのアンケートにお答えいただくと報酬を受け取っていただけるというようになっております」

今までも何度かこんな感じの勧誘の電話はありましたが、アンケート方式の在宅ワークは初めてでした。

山本は甲高い声で一気に語り出しました。

「例えば、コンビニでよく買う飲物は何ですか?いくらくらいのものを中心に購入しますか?など簡単な質問ですと、1回100円になります。1回1,000円の内容のアンケートもあります」

山本は流れるようなスピードで話します。
「うん」や「はい」などの相槌を打たせる間を与えません。

「その他に文字打ちの仕事もあります。これはA4版サイズで1枚700円くらいです。その他、フリーライターのお仕事や、地図入力もあります」

「フリーライター」という言葉を聞いて「どんな仕事かな?」と気になって質問したい衝動にかられましたが、山本の話に間がないので聞けません。

「簡単な仕事なんで経験のない方でも大丈夫なんです。文字打ちの仕事は20分でだいたいA4版1枚が完成しますから、1時間あれば、3枚できます。1枚700円の報酬として、3枚でいくらになるか分かりますか?」

いきなり計算の質問をしてきました。何かを探っているのか?それは分かりませんが、私は即答えました。

「2,100円です」
「はい、そうです。1日1時間ぐらいなら市川さんは、在宅ワークの時間を収れますよね」
「ええ、まあ1時間くらいなら…」
「では次に、1日1時間、2,000円を稼げると考えてみましょう。1ヶ月でいくらになるでしょうか?」

またしても計算です。

「30日で6万円ですね」
「はい、その通りです。月に6万円もらえたらいいですよね。年計算で70万以上の収入になるんですよ!」

山本は自分の言いたいことだけを話します。
これは詐欺師がよく使う手なのですが、スピード感のある口調で話の切れ目をなくし、相手の疑問や質問を消し去り、自分が伝えたい情報だけをインプットさせるのです。

実際、私が話の途中で聞こうと思った「フリーライターの具体的な仕事内容」についての質問は、山本の話を聞いているうちに忘れかけていました。



スポンサードリンク   

詐欺師は巧みに話のスピードを変えながら、相手を誘導します

詐欺師は巧みに話のスピードを変える

ところが、15分を過ぎた頃から、話すペースがゆっくりになりました。
何故なら、一通り在宅ワークのメリットを語り終え、話が次の段階に移るからです。

「現在、私たちはバーチャルシティを作っており、私どもの会員になると多くの情報が得られますよ。月会費は1,500円です。安いですよね? そこからさまざまな仕事がくるようになっています」
「どんな仕事があるのですか?」

私は聞きました。

「これまでの面白い仕事では、犬の散歩とかがありますね。他にはプログラマーの仕事とか、いろいろです」
「へえ、犬の散歩とは、在宅ワークの域を越えてますね」
「まあ、そうですね」

これ以上、この話題に触れられたくないみたいで、山本はガラリと話を変えました。

「ところで、私どもにはホームページ作成の仕事もあるんですが、市川さんはできますか?」
「いいえ、残念ながら、パソコンはメールとインターネットくらいしかできません」
「そうですか」

山本の声はますます甲高くなりました。

「私たちのところでは、ホームページ作成の方法を覚えることもできるんですよ! 覚えてしまえば実に簡単なことです。それに当社独自のシステムとして電話でサポートしながら仕事ができるようになっています。ぜひとも、ご利用ください!」

なぜ、山本は話のペースを落とし、私に質問をする機会を与えたのでしょうか?

ここには大きな理由があるのです。

今回の電話の目的は、在宅ワークをエサにして、ホームページ作成のCD教材を売りつけるところにあるのでした。

ここから先は具体的な契約や会員登録の話が主になるため、これまでにした話を私かどのように考えているか、反応を探っておく必要があるのです。そこで、私が何かしらの発言ができるように、話のペースを落としたのです。

そして山本は言いました。

「まず会員登録なさってはいかがですか? 月に1,500円の会費で、今からでもすぐに仕事ができますから。ただし、ここで注意していただきたいことが1つあります、仕事を始めた場合、通信費などの諸経費として毎月1万3,000円を収人から差し引かせていただきますので、ご了承ください」

この会員登録がミソ!
話に同意すると、会員登録の申込書だけでなく、月に1万3,000円の支払い(諸経費代)が明記された4年ローンのCD購入契約書が送られてくるのです。
私はこれまでの収材活動の中から、この仕組みを知っていたので即座に断りました。



今回のように、まず一方的に話をして、伝えたい情報を相手にインプットさせ、次に急に話のペースを落として、相手の頭にさまざまな疑問、質問を生じさせる。

そしてわざと間を作り、それを口にさせる。
すべては相手に疑問、質問を吐き出させ、それを徹底的につぶして、契約に同意させるためなのです。

その他にも詐欺師は、急に話を中断し質問するという手も使います。
話の急ブレーキをかけられた状態では、受け手の頭は一瞬、空白になります。
そこで詐欺師は尋ねるのです。

「ここまでで何か質問はありますか?」

そう聞かれても、思考停止状態になっているため、質問など出てくるはずありません。すると詐欺師はこう畳み掛けてきます。

「質問がないのでしたら、了解していただけたと判断して、次の話をいたします」

そして騙すためのセカンドステップに移っていきます。もし相手が話のギアチェンジをしたら、要注意なのです。

探禎社 多希